2009/06/06

ゴルの虜囚 58 【CAPTIVE OF GOR】

 → 読む前の注意
 → 目次

<反地球シリーズ>
ゴルの虜囚
ジョン・ノーマン


6. 奴隷商ターゴとの邂逅(8)

 イラッとして女たちを見て、呆然とさせられました。信じられないほどの美女たちです。わたしは数万人に一人の、幻想的なまでに美しい女性だと自分で思っています。モデルでさえあったのです。でもここには驚いたことに、しかもものすごく頭に来ることに、少なくとも11人は疑いなく、明らかにわたしより美しいのです。わたしとしては、地球で、自分より美しさが優れていると認める人に会ったことがありません。ここには、理解できないけど、明らかに少なくとも11人います。こんなところにこんなにたくさんいるのは、どうしたら有り得るのかと困惑しました。感情をかき乱されました。でもわたしのほうが知性的で、お金持ちで、趣味が良くて、洗練されているんだと自分に言い聞かせました。この女たちは単なる野蛮人よ。この女たちに憐れみを覚えました。気に入らない!ムカつくのよ!わたしが地球で他の女をみなすように、この女たちには、わたしが脅威じゃないんだわ。浮浪者の女とか、取るに足りぬ女だと思って、注意を払わないし、単に美しさの劣る者として、ライバルだと深刻に考えないんだわ。わたしが入った部屋に、最高の美女が居たことなんて覚えがありません。男たちの賞賛や息づかいと喜び、他の女たちの苛立ちを、わたしはどんなに楽しんでいたか。この女たちは、わたしが他の女たちにそうしたような目で見ているのです。物珍しそうにわたしを見ています。でももっと重要なのは、超ムカつくことに、わたしにはわかったのです。女が初対面のときに常にやる、自然に無意識のうちに瞬時に値踏みして、わたしより自分たちのほうがきれいだって、少なくとも彼女たちは満足したってことが!エリノア・ブリントンよりも!この女たちに入るのに自分を推薦するなら、美しさ以外に資質がなくてはいけないとわかりました。まるでわたしは並みの娘で、他の素質を養わなきゃいけなくて、愛想を振りまいて、美しさより他のことで努力しなきゃいけないように。思い上がったメス犬たちだわ!わたしは誰よりも優れてるの!わたしのほうが美人よ!わたしはお金持ちよ。ムカつく!ムカつくのよ!


*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:**・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*
訳者の言い訳と解説

 ターゴキャンプの奴隷娘のみなさんは別に何も言ってないのに、
エリノアさんの被害妄想がすごいことになってますね。

2 コメント:

mayte Flanagan on 2009年6月10日 17:00 さんのコメント...

こんにちわ~。

実里(みのり) on 2009年6月10日 21:53 さんのコメント...

> 殿下
おっ、見つけてくれたね♪

 

About Me